お知らせ

2016年4月

理化学研究所 脳科学総合研究センター 内匠透 先生によるセミナーを開催しました

2016年3月31日(木) 理化学研究所 脳科学総合研究センター 内匠 透 先生によるセミナーを開催しました。

3月31日 理研 内匠先生 

精神疾患の分子病態理解に向けて

ヒトゲノム計画が終了し、ヒトが生物学研究の中心になった今日においてもなお、認知機能をはじめとする脳の高次機能、またその異常としての精神疾患の理解はまだまだ混沌とした状況にあります。このような困難な状況の中で、我々はゲノム情報を駆使して、染色体をゲノム工学的に操作し、自閉症のヒト型モデルマウスを作製しました。本マウスの解析を介して、シナプス(スパイン)、セロトニンの異常がキーワードとして見えてきました。このあたりの現況と精神疾患研究をリードする自閉症研究の動向を議論したいと思います。



ページの先頭へ戻る