白壁 恭子 - 視機能再構築に向けたシステム視覚科学学際的研究拠点の創生

白壁 恭子 生物科学科 生命医科学科


白壁 恭子


研究テーマ



    生物が外界の変化にすばやく適応する上で重要な役割を果たしているタンパク質の翻訳後修飾の中でも、膜タンパク質の細胞外領域を可溶化するシェディングというプロセシング機構に注目し、視覚系を含めた様々な系における機能的意義を明らかにするための研究を行っています。


ページの先頭へ戻る