メンバー紹介 - 視機能再構築に向けたシステム視覚科学学際的研究拠点の創生

メンバー一覧

天野 晃
天野 晃

生命科学部 生命情報学科 教授

ライフサイエンス分野の研究成果である個々の要素機能を組み合わせてより規模の大きな機能要素のシミュレーションモデルを構築することで、組織や臓器の機能がどのように実現されているかを研究しています。

上野明
上野 明

理工学部 機械工学科 教授

人の視覚に頼っていた破面解析(フラクトグラフィ)を破面の有するフラクタル・カオス性を用いて自動化するための手法を研究している。

川村貞夫
川村 貞夫

理工学部 ロボティクス学科 教授



川村 晃久
川村 晃久

生命科学部 生命医科学科 准教授

視覚・神経系の難病や心不全などの臓器不全に対して安全かつ効率的な
再生医療を実現化するために、遺伝子発現によるリプログラミング(初期化や形質転換など)の技術を駆使した幹細胞生物学の研究をしています。

北野 勝則
北野 勝則

情報理工学部 知能情報学科 教授

脳機能の柔軟性は、脳神経系の構成要素であるニューロンやシナプスが示す多様な動的特性がもたらすと考えられます。神経系の数理モデルを構築・解析することで、それらの動的特性や脳機能の仕組みそのものの理解を目指しています。

北岡 明佳
北岡 明佳

文学部 心理学域 教授

錯視研究の第一人者であり、錯視の心理学的な研究とともに、錯視を利用したデザインにも取り組んでいます。多くの錯視画像を考案し、書籍の出版や展覧会を開き、自身のWebサイトでも「北岡明佳の錯視のページ」を公開しています。

小池 千恵子
小池 千恵子

薬学部 創薬科学科 准教授

網膜回路が視覚応答にどのように関わっているか、網膜視覚伝達系の中間ニューロンにあたる双極細胞に注目して解析を進めています。視覚応答系の開発・解析だけでなく、組織化学解析や電気生理、分子生物学や生化学の手法を用いて網膜視覚系の解析を神経発生の面からも多角的に行っています。

篠田 博之
篠田 博之

情報理工学部 知能情報学科 教授

視知覚・認知メカニズムの解明を目指して、心理物理学的手法を用いて人間視覚系の特徴を研究しています。その応用として、人の感覚量に適合した新たな物理指標や尺度を提案し、産業界における人中心のものつくりや設計に役立てています。

下ノ村 和弘
下ノ村 和弘

理工学部 ロボティクス学科 准教授

ビジョンを中心としたセンシング技術・ロボット知能化技術の研究を行っています。センサデバイスやカメラ、画像処理アルゴリズムの開発、ロボット制御や生体情報計測への応用、また、生体視覚系のモデリングなどのテーマに取り組んでいます。

竹田 有加里
竹田 有加里

生命科学部 生命情報学科 助教

理論研究によって生体機能を細胞レベルで理解することを目指しています。これまでの生理学実験経験を活かしてさまざまな細胞モデルを構築し、バイオシミュレーションやその数値解析によって、細胞機能制御機構を定量的・包括的に解明することに取り組んでいます。

立花 政夫
立花 政夫

東京大学名誉教授 立命館大学総合科学技術研究機構
教授(特別招聘研究教員)

眼球の光学系によって投影された外界像(網膜像)は体・頭・眼球の動きによって網膜上で常に揺動している。網膜はこのような動的画像をどのように処理して符号化し、視覚中枢に送っているのかを神経科学的手法を用いて研究している。

坪 泰宏
坪 泰宏

情報理工学部 知能情報学科 准教授

大脳皮質における情報処理原理を「局所回路」という構造に注目して解明し、新しいコンピュータの仕組みを築きあげることを目指しています。「局所回路」をキーワードに様々なアプローチをとることで、物理、工学、神経科学それぞれに対し新しい視点と世界を見つけられるのではと期待しています。

徳田 功
徳田 功

理工学部 機械工学科 教授



三品 昌美
三品 昌美

東京大学名誉教授 立命館大学総合科学技術研究機構 客員教授

シナプス結合による神経細胞の精緻なネットワークは、知覚、学習、記憶、認知といった脳機能の基盤となっています。脳シナプス形成の分子機構解明を目指しています。

河村 悟
河村 悟

大阪大学名誉教授 立命館大学総合科学技術研究機構 上席研究員

生化学的方法と電気生理学的方法をミックスし、1) 視細胞の明順応機構、および、2) 光感度の違いと時間分解能の違いに注目した桿体視細胞と錐体視細胞の光応答特性の違いをもたらす分子基盤の研究に取り組んできました。

瀬谷 安弘
瀬谷 安弘

愛知淑徳大学 人間情報学部 准教授

目や身体を動かしながらものを見るといった自然な視覚認知メカニズムの理解を目指し、研究に取組んでいます。具体的には、心理物理学的手法を用いて、スポーツ場面や自動車運転場面などの様々な日常場面における視覚認知特性の検討や、視覚認知機能の熟練・訓練効果の研究などに取組んでいます。

高橋 政代
高橋 政代

理化学研究所 多細胞システム形成研究センター

網膜再生医療研究開発プロジェクト プロジェクトリーダー

最近まで障害されると再生しないと思われていた成体ほ乳類網膜が、少なくとも傷害時に網膜神経細胞を生み出す力をもっているらしいことがわかってきた。このことは、成体網膜も神経回路網を再構築する能力を秘めているのかもしれないと期待させる。この力を使って、網膜の中から、あるいは外から細胞を移植することによって、疾患で失われた網膜機能を再生させたい。また、iPS細胞を用いた網膜細胞移植の実用化を目指している。しっかりした基礎と臨床の研究を積み重ね、両者をふまえた網膜再生研究を行いたい。

塚本 吉彦
塚本 吉彦

兵庫医科大学名誉教授

霊長類マカクサル網膜の神経細胞型の分類とシナプス結合パターンを連続切片電顕法で三次元的に解析しています。観察によって得られたリアルな神経回路を対象にして、シナプス伝達の発散と集束による視覚信号の初期段階における並列処理を研究しています。

西田 明弘
西田 明弘

神戸市立医療センター中央市民病院 眼科 医長

加齢黄斑変性や網膜静脈閉塞症といった網膜疾患の臨床研究に取り組んでいます。

Steve H. DeVries
Steve H. DeVries

米国ノースウェスタン大学医学系大学院 チェアー兼教授

Parallel processing of the visual input under daylight conditions begins at the mammalian cone photoreceptor synaptic terminal. At this terminal, a single cone employs 20 transmitter release sites to communicate its signal to 12-13 different types of post-synaptic retinal bipolar cells. We use electrophysiological, super-resolution microscopic, and optogenetic techniques to determine how the 3D structure of the cone synapse helps to create different electrical signals in the different bipolar cell types. These different signals, in turn, form the basis of the excitatory responses of the ~30 types of retinal ganglion cells, which send their axons to the rest of the brain in the optic nerve.


ページの先頭へ戻る