徳田 功 - 視機能再構築に向けたシステム視覚科学学際的研究拠点の創生

徳田 功 理工学部 機械工学科 教授

徳田 功

研究テーマ

  1. 分割型ベイズ法によるスパイクデータからの係数推定
    実験において計測不可能なパラメータを、多電極計測によって記録されたスパイクデータから逆推定する方法について紹介する。特に、数理モデルと実験システムの間に生じる複雑性の乖離やデータの非定常性などの問題について議論する。
  2. College of Science and Engineering, Department of Mechanical Engineering
    A method is introduced to estimate model parameters from spike train data obtained from multi-electrode recording. Difficulties such as a huge mismatch in system complexity between real brain and computational model as well as nonstationarity of the recording data are discussed.

ページの先頭へ戻る